募集要項はこちらから
2/10(土) 【第二部 最終審査会】開催いたしました
2/10(土)、泉佐野市議会議場にて、最終審査会が開催されました。
昨年から始まったコンテストの第二部のテーマは、 「魅力ある観光都市いずみさのへの提言」。
第一部の選考を突破した、泉佐野市の未来を本気で考える若者たちの6チームが市議会議場に集結し、しのぎを削る熱いプレゼンテーションが行なわれました。
なお、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」でおなじみ、脳科学者の中野信子さんによる記念講演会も開催され、「脳科学から見たまちづくり」について講演していただきました。



【1】チームウガンダ
ウガンダ遠距離フレンドプロジェクト
◆テーマ
真の国際都市として発展していくために、「市民の意識改革」を推進するプロジェクト。泉佐野市と繋がりのあるウガンダ共和国との高校生同士の交流を通して、様々な世代にもかかわりを持てる仕組みを作ることで、国際交流に対する意識を泉佐野市民に浸透させる。
◆手段
友好都市であるウガンダ共和国との繋がりを利用し、高校生同士の「遠距離フレンドプロジェクト」を実行する。高校生が相互に植物を栽培し交流を深める。 さらに、その成果物を販売するにあたり、パッケージを小学生にデザインしてもらうなどの活動を行い、販売する際にもその交流について説明することで、理解を得る。
発表内容のダウンロードはこちら

【2】チームパルジェンヌ<泉佐野市議会議長賞>
ええもんいっぱいプロジェクト
◆テーマ
通学時に通る商店街に元気がないことから、高校生が集まるカフェを作ることで商店街を活性化させる。そして、カフェで外国人を対象とするイベントなどを企画することで、高校生と外国人が交流できる場としても活用する。
◆手段
泉佐野駅前の商店街にカフェをオープンする。放課後、長期休暇を利用し、高校生が気軽に集まることのできる場を提供する。また、泉佐野市内の魅力ある特産品を店舗で取り扱うことで、市内の「ええもん」の発信拠点となる。また、茶道、華道、剣道などの日本的な体験ができるように、クラブ活動の一環として高校生が行う。
発表内容のダウンロードはこちら

【3】チーム虹橋<最優秀賞>
外貨獲得大作戦
◆テーマ
泉佐野市の観光資源である「さの町場」にスポットをあて、賑わいを取り戻すことを目指す。その中心として外国人にも人気のある銭湯を据え、周辺地域との連携をはかることで、賑わいにつなげる。
◆手段
今は休業している銭湯「大将軍湯」をリノベーションすることで客を呼び込める施設とする。さらに、その周辺でイベント等を行い、地域の人材を活用することで、さの町場に活力を与える。
発表内容のダウンロードはこちら

【4】チーム22
植物工場によるイノベーション
◆テーマ
泉佐野市に滞在する人は多くても、市内の飲食施設等を利用する割合が低い現実に着目し、新たな観光資源となるとともに、飲食施設としても機能する植物工場を作る。また、市内の工科高校と連携することで、「植物工場ユニット」の製造を行い、新たな産業として育成する。
◆手段
市内の商業施設「いこらもーる」の一画に植物工場を設置する。集客を期待できる面のみならず、「地下水」「飲食店の廃油」といった植物工場に必要な条件がそろっていることがその理由である。また、佐野工科高校では植物工場ユニットを制作していたという経緯もあることから、高校生の取組も交えながら植物工場ユニット制作をビジネス化する。
発表内容のダウンロードはこちら

【5】チームキタガワ<泉佐野市議会議長賞>
JAPAN INDEX CITY
◆テーマ
日本観光に来る外国人が旅行の下調べをしようとしても、泉佐野市の観 光地にヒットすることはほとんどない。しかし、外国人が求める要素のほとんどが泉佐野市の魅力と合致している。そこで、関西空港という玄関を擁する泉佐野市において、日本観光の「もくじ」として泉佐野市に訪れてもらう。
◆手段
泉佐野市内を短時間で回るツアーを企画する。そのツアーを日本の「もくじ」として関空内、りんくうタウン、インターネットなどを活用して広告活動を展開する。個々をバラバラに魅力として発信するのではなく、統一イメージとして展開し、日本の「もくじ」として機能する。
発表内容のダウンロードはこちら

【6】チームICE
International Tourism City
◆テーマ
泉佐野市が通過されているという現実を踏まえ、泉佐野魅力を最大限に活かすグランピングを実施。観光都市としての発展とともに、増えつつある耕作放棄地の有効利用にも役立つ。さらに、アウトドア体験の後には温泉や泉州タオルも同時に楽しんでいただく。
◆手段
泉佐野市内の耕作放棄地に豪華なキャンプ施設を準備する。耕作放棄地において様々な野菜を栽培し、収穫体験をしてもらう。また、釣りスキの方には釣り体験をしてもらい、それらを持ち寄ってBBQを楽しんでもらう。アウトドア体験で疲れた体は犬鳴温泉で癒していただき、特産品の泉州タオルで体の水を拭いていただき、品質を体験して頂く。
発表内容のダウンロードはこちら

詳細お問い合わせ先

政策コンテスト応募先・事業運営

コワーキングスペース Co-Labo'S